ブログBlog

いろんな気持ちの新学期

2020.04.06

先日の強風にも耐え抜いた桜に迎えられて、新学期が始まります。明るく書き出してはみたものの、始業式以降は一斉休校、緊急事態宣言発令の動きも出ています。この数週間は、『決める』ことが本当に難しいと感じるばかりでした。迷いに迷って決めたことも、もう一方から見ると違うように思えて、考えがまとまりませんでした。保護者の方からのご相談に、返事をしていても、答えになっていないような時もありました。新型コロナウイルスの状況は、まだ先が見えません。出席するかどうかは、保護者の方の判断にお任せしています。自分が感染してしまわないかという心配も、感染の原因にならないようにという心配りも、どちらも伝わってきます。自宅で過ごす時間が長くなり、「教室に来る途中、桜がキレイで!」と見慣れた景色のはずが、新鮮に感じたようです。出席している子供たちは、上手に手を洗います。用意しているペーパータオルは、数量制限もあり、手に入る時に購入するので、種類もまちまちで、「小さくて、すぐに拭けなくなっちゃった」と、苦笑いしながら使ってくれてありがとう。せっかく友達に会えたのだから、思いっきり話したいと思いますが、教室内での私語はなく、静かなコミュニケーションでつながっています。先生は、子供たちと過ごせる時間によって、免疫力を上げてもらっているように思います。休学中の人、今後休校になった場合も、家での練習に不安や疑問を感じる時があるかもしれませんが、復帰した時のことを楽しみに取り組みましょう。

授業見学&無料体験できます!お気軽にお問い合わせください。